【家庭菜園日記 vol.6】2022年6月3週目前半 やらず豆の植え付け&根菜類と葉物野菜の間引き

間引いたラディッシュ

6月3週目前半の振り返りです!

(今週は、長くなりそうだったので、前半と後半に分けました。)

雨が多く、薪ストーブを焚くほど肌寒い日があったので、大掛かりな作業はできず。

メインの作業は、やらず豆やピーマンの植え付けと、根菜類と葉物野菜の間引きでした。

目次

ポット栽培中の豆類の様子(6月13日)

モロッコインゲン
モロッコインゲン(6月13日撮影)
つるありアルプス(つるありインゲン、やらず豆)(6月13日撮影)
やらず豆(つるありインゲン 6月13日撮影)

「やらず豆(つるありインゲン)」は、順調に成長してくれたので、この日は畝に植え付けることに!

その様子は、記事の後半にまとめたいと思います。

極早生大莢(枝豆)
極早生大莢(枝豆 6月13日撮影)
島オクラととうがらし(6月13日撮影)
島オクラととうがらし(6月13日撮影)

「とうがらし」はまったく無反応・・・。

昨年収穫したものから自家採取したので、やり方がダメだったのでしょうか?

信州みどり(ピーマン)、黒ピーマン(6月13日撮影)
信州みどり(ピーマン)、黒ピーマン(6月13日撮影)

ピーマン類も反応がありません。

「黒ピーマン」も昨年自家採取したものなので、その時点で失敗していたのかもしれません。

マリーゴールド(6月13日撮影)
マリーゴールド(6月13日撮影)

センチュウ対策に役立つ「マリーゴールド」。

種を播いたのが遅かったため、まだまだ小さいですが、やらず豆(つるありインゲン)と一緒に植え付けます。

各畝の様子(6月13日)

アイスレモン(ミニトマト 6月13日撮影)
アイスレモン(ミニトマト 6月13日撮影)

「アイスレモン(ミニトマト)」のコンパニオンプランツとして一緒に植えた青ネギは、どこかへ行ってしまいました。

シナモンバジル(6月13日)
シナモンバジル(6月13日)

1週間遅れで「アイスレモン(ミニトマト)」と「ブラックチェリー(ミニトマト)」の間に植えた「シナモンバジル」。

水が大好きなバジルと、水が苦手なトマトはコンパニオンプランツに最適です。

バジルを1週間遅れで植える理由は、バジルの成長スピードにトマトが負けてしまう可能性があるから。

少し遅らせることで、お互いが良いペースで成長していけるそうです。

ブラックチェリー(ミニトマト 6月13日撮影)
ブラックチェリー(ミニトマト 6月13日撮影)

「ブラックチェリー(ミニトマト)」とコンパニオンプランツの青ネギ。

スイートバジル(6月13日撮影)
スイートバジル(6月13日撮影)

「ブラックチェリー」と「ポンデローザ(大玉トマト)」の間に植えた「スイートバジル」。

ポンデローザ(6月13日撮影)
ポンデローザ(大玉トマト 6月13日撮影)
タイバジル(6月13日撮影)
タイバジル(6月13日撮影)
四葉きゅうり
四葉きゅうり(6月13日撮影)

「四葉きゅうり」は死にました。

緑なす
緑なす(6月13日撮影)
小布施丸茄子か真黒なす(6月13日撮影)
小布施丸茄子か真黒なす(6月13日撮影)
小布施丸茄子か真黒なす(6月13日撮影)
小布施丸茄子か真黒なす(6月13日撮影)

「小布施丸茄子」か「真黒なす」、どちらかわかりませんが、片方が瀕死の状態です。

恐らく、植えた時期が早すぎて、暖かい気候を好むナスには寒かったようです。

6月に入ってから植えるか、半分に切ったビニール袋を被せて保温しておくなどの対策が必要でした。

来年への反省ですね。

なす
緑なす その2(6月13日撮影)
ケール
ケール(6月13日撮影)
イタリアンパセリ(6月13日撮影)

「イタリアンパセリ」が大きくなりすぎて倒れそうだったので、支柱を立ててあげました。

ししとう(6月13日撮影)
ししとう(6月13日撮影)
ルッコラ(6月13日撮影)
ラディッシュ(6月13日撮影)

四葉きゅうりは死にましたが、コンパニオンプランツのラディッシュは、モリモリ発芽しています!

スイスチャード・ロロロッサ(非結球レタス)などの葉物野菜(6月13日撮影)
スイスチャード・ロロロッサ(非結球レタス)などの葉物野菜(6月13日撮影)
ルッコラ(6月13日撮影)
ルッコラ(6月13日撮影)
コーン その周りにはルッコラ(6月13日撮影)
コーン その周りにはルッコラ(6月13日撮影)

1ポットに2株入りの「コーン」をそのまま植えてしまいましたが、本来はどちらかを間引いたほうがいいようです。

なのでこのあと、小さいほうの株を根元から切って間引きました。

コーンの周りには「ルッコラ」を植えています。ルッコラが大きく成長してくれると、下草の代わりにもなってくれるのです。

緑肥(6月13日撮影)
緑肥(6月13日撮影)
ネギ、ニンジン、中葉春菊、時なし小株(6月13日撮影)
ネギ、ニンジン、中葉春菊、時なし小株(6月13日撮影)

無事に発芽してくれたので、そろそろ草マルチをたっぷりかけてあげないといけません。

ミョウガ、アスパラガス、イチゴ(6月13日撮影)
ミョウガ、アスパラガス、イチゴ(6月13日撮影)
大葉(6月13日撮影)
大葉(6月13日撮影)

半日蔭になるはずだった畝に植えた「大葉」。

一向に大きくなりません。なぜでしょうか?

ブラックベリーたち(6月13日撮影)
ブラックベリーとイエローラズベリー(6月13日撮影)

生け垣のように育てたい「ブラックベリー」たち。

ずっと右側のベリーの名称を思い出せずにいましたが、恐らく「イエローラズベリー」です。

どちらも、雑草にも負けず順調に成長中です!

5~10センチほど伸びたような気がします。

ブラックベリーの花(6月13日撮影)
ブラックベリーの花(6月13日撮影)

花も咲かせていて、中をよく見ると、ベリーの実ができつつあります!

収穫が楽しみです!

やらず豆(つるありアルプス)とピーマンの植え付け(6月13日)

植え付け前にポットごと水に浸しておく
植え付け前にポットごと水に浸しておく

植え付けをする前にポットごと水に浸しておき、たっぷり水を吸わせます。

その一方で、植え付けた後は、よほど乾いているとき以外は水やりはしません。

つるありインゲンの植え付け
やらず豆(つるありインゲン)の植え付け
つるありインゲンを3つ植え、中央にマリーゴールドを植える
やらず豆(つるありインゲン)を3つ植え、中央にマリーゴールドを植える

やらず豆(つるありインゲン)は、支柱に巻き付いてくれるように、それぞれ3本の支柱の足元に植えました。

インゲンは「センチュウ」被害が出やすいため、その対策として、3つのつるありインゲンの中央に「マリーゴールド」を植えています。

マリーゴールドを植えるメリットは他にもあって、花が益虫を呼びよせてくれて、野菜の受粉率が高まるそう。

マリーゴールドは「畑のお守り」として、重要な役割を果たしてくれます!

ピーマンの植え付け
ピーマンの植え付け

ピーマンは種からも栽培していますが、ちゃんと発芽してくれるか心配なので、苗も購入しておきました。

根菜類や葉物野菜の間引き(6月13日)

間引き中
間引き中

根菜類や葉物野菜の間引きを行ないました。

間引きは、よく成長していて大きく育てたいものを残し、その周りにある小さいものを取っていきます。

密集地帯では、他の根を傷つけないように、ハサミで慎重に!

間引いたラディッシュなど
間引いたラディッシュなど

間引いたラディッシュ。

こんなに小さくても根はしっかり赤紫色でした。

間引いたラディッシュ
間引いたラディッシュ
間引いた野菜のサラダ
間引いた野菜のサラダ

間引いた野菜は、サラダにして美味しくいただきました!

おわり

今週の家庭菜園日記は長くなりそうだったので、ここまでにします。

週後半の日記はまた次回!

 ※週後半の記事はこちらにアップしました>>

↓自然農法の参考書籍

↓家庭菜園日記の過去の記事はこちら

あわせて読みたい
【家庭菜園日記 vol.5】2022年6月2週目 成長観察とワイルドストロベリーなどの収穫 季節はあっという間に6月。長野県はほぼ平年通りの6日に梅雨入りしました。 恵みの雨を受けて野菜の成長が目覚ましい近頃。ワイルドストロベリーや葉物を中心に、少しず...
あわせて読みたい
【家庭菜園日記 vol.4】2022年5月下旬 豆類の種まき 家庭菜園日記の第四弾! 前回は、5月下旬に行なった野菜苗の植え付けまでまとめました。今回は、ほぼ同時期に行なった豆類の種まきを振り返ります。 ↓前回の記事はこち...
あわせて読みたい
【家庭菜園日記 vol.3】2022年5月下旬 野菜苗の植え付けスタート 家庭菜園日記の第三弾! 今回は、5月下旬に行なった作業の振り返りです。 ↓第二弾の記事はこちら https://hello-mtgear.com/kitchen-garden-2/ 5月下旬は暖かい日が多く...
あわせて読みたい
【家庭菜園日記 vol.2】2022年5月上旬 固定種・在来種の苗を買い、植え付けの準備へ 家庭菜園日記の第二弾! 今回は、5月上旬に行なった作業の振り返りです。 ↓第一弾の記事はこちら https://hello-mtgear.com/kitchen-garden-1/ 北アルプス地域の5月上旬...
あわせて読みたい
【家庭菜園日記 vol.1】2022年4月 各種野菜の種を購入し、緑肥ミックスを播く 4月に入り、庭の雪もすっかりなくなったので、我が家の家庭菜園がスタートしました! 我が家の野菜作りは、自然農法を参考にしているので、「耕さない」、「無農薬・無...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる