【ゴロー】職人と二人三脚で作る一生モノの登山靴(S-8とブーティエル)

ゴローのS-8

2017年にオーダーしたゴローのS-8を、5年経った今も大切に履いています。

ゴローは、東京・巣鴨で50年も営業を続ける老舗登山靴店で、自分の足型と特徴を反映したオーダーメイドの登山靴を作ることができます。

登山家の三浦雄一郎さんや植村 直己さん、大学の登山部も愛用するなど、品質は折り紙つき。

丁寧に手入れをして40年以上も履き続けているお客さんもいるのだとか。

そんなゴローの登山靴が我が家に2モデル(僕のS-8と妻のブーティエル)あるので、紹介してみたいと思います。

目次

S-8は、春・夏・秋のテント泊縦走と、初級の冬山登山に対応

ゴローのS-8
2017年に購入して今年で5シーズン目

S-8は、ゴローの製品の中で「登山靴(ハード)」に位置づけられ、春・夏・秋のテント泊縦走と、初級の冬山に使用できるモデル。

保温材が入っていないため厳冬期には使用できませんが、12本爪アイゼンを装着できるので、残雪期の北アルプスや八ヶ岳での使用はOKです。

僕は冬山登山はやらないので、スペック的にはブーティエルでもよかったのですが、ゴツゴツした男らしいデザインに一目惚れしてS-8にしました。

ゴローのS-8

S-8は、テント泊縦走時の重い荷物を持っても耐えられるように、一般の紳士靴の2倍の厚さのレザーと衝撃吸収素材入りのソールが使われています。

頑丈な作りゆえに片足の重さが1,150gもある重量級の登山靴。

その重さに慣れるまでは結構大変でしたが、岩場での安定感はピカイチです。

ブーティエルはS-8よりも軽いので、女性に人気で、登山初心者にも扱いやすいモデルです。

(両モデルのスペックは記事下記に記載してあります)

職人さんと二人三脚で世界に一つだけの登山靴を作る

ゴローのS-8

S-8やブーティエルは、店舗で既製品を購入することも出来ますが、せっかく買うなら、オーダーメイドがオススメです。

足の形は人ぞれぞれ異なり、左右でも若干の違いがあるそうです。

そのためゴローでは、職人さんが足の大きさの計測と特徴分析を行ない、靴作りに反映してくれます。

職人さんと二人三脚で世界に一つだけの登山靴を作り上げていくのです。

僕のS-8は、甲が高いという足の特徴にもとづき、ベロのクッションをドーナツ状にくり抜いて干渉しないように調整されています。

ゴローのS-8

さらにゴローでは、靴のメンテナンス方法や歩き方のアドバイス、購入後の微調整やソールの張り替えなどの修理にも対応。

靴を売ったら終わりではなく、履き心地に納得するまで「何度でも」「何年後でも」付き合ってくれるのがゴローの魅力でもあります。

実際に僕は、登り坂で地面を蹴る際にカカトが痛くなるので、店舗に持ち込んで2回も調整してもらいました。

愛情を注いで自分色に育てていく

ゴローのS-8とブーティエル
購入してすぐの状態。左がブーティエル(濃茶)、右がS-8

S-8は、裏出し皮革という素材を使用しており、購入した時点では毛羽立ったような質感とキャメルのような明るい色味が特徴です。

一方でブーティエルは、表革を使用しているためツルッとした光沢のある質感。

購入時に職人さんからレクチャーがありますが、山で使用する前に防水ワックスの塗り込みとブラッシングをします。

使用後は毎回「靴全体を水洗いして泥汚れを落とす」、「防水ワックスを塗り込む」、「ブラッシングする」という工程を繰り返します。

※詳しくは公式サイトに記載されています

ゴローのS-8とブーティエル
左がS-8、右がブーティエル

ゴローの登山靴は、たっぷりと愛情を注いで自分色に育てていきます。

丁寧に手入れをすれば、10年も20年も履けるとか。

5シーズン履いて、良い味が出てきた

ゴローのS-8

購入して5シーズンが経過し、全体に小キズが付きましたが、丁寧に手入れをしてきたおかげで良い風合いです。

手入れをするたびに愛着が湧き、一生大切にしていきたいと思える登山靴になりました。

ゴローのブーティエル

妻のブーティエルも良い感じ!

おわり

職人さんと二人三脚で作り上げた世界に一つだけの登山靴を、長く丁寧に使って自分色に育てる。

自分色に成長するまでに少々手間がかかりますが、手間をかければかけるほど、履けば履くほど愛着が湧いてくる一生モノの登山靴です。

ゴロー製品は、店舗で職人さんとコミュニケーションを取りながら作るのがオススメですが、ネットオーダーにも対応しています。

公式サイトに詳しく記載されているのでチェックしてみてください。

ゴロー S-8とブーティエルのスペック

最後にS-8とブーティエルのスペックです。

S-8

スクロールできます
メーカー説明文引用ノルウェイジャン製法のベストセラー
スリーシーズンのテント泊縦走から初級の冬山に使用できます。
足首の深さが標準と深型からお選び頂けます。(深型は¥3300増し) 12本爪アイゼン使用可
製法ノルウェイジャン
素材アッパー素材 イタリア製裏出し皮革
ソール 1230A-9
重量1,150g(25.5cm片足)
価格40,700円
メーカーサイト引用

ブーティエル

スクロールできます
メーカー説明文引用ゴローの登山靴で最も多くご愛用いただいている靴。
シンプルなデザインは足なじみの良さと耐久性の向上に寄与しています。歩きやすい足首の深さながらステッチダウン製法による安定性の高さを感じて頂ける一足。
スリーシーズンの日帰りハイキングから小屋泊まりの縦走、軽量装備でのテント泊まで幅広く対応します。ジョイントの曲がるタイプの10本爪アイゼン使用可能。
製法ステッチダウン
カラー薄茶、濃茶、黒の3色
素材アッパー素材 ドイツ製表革
ソール 1230A-9
重量重量 800g(25.5cm片足)
価格38,060円
メーカーサイト引用

納期はおよそ2ヶ月なので、冬に注文すれば、履き慣らしを完了した状態で夏山登山シーズンを迎えられます。

▼軽登山靴をお探しの人はこちらの記事もどうぞ

あわせて読みたい
【ザ・ノース・フェイス】スニーカーのような登山靴!推進力抜群のベクティブ エクスプロリス フューチ... ザ・ノース・フェイスの登山靴「ベクティブ エクスプロリス フューチャーライト」を購入しました。 ベクティブ エクスプロリス フューチャーライトは夏山登山靴(トレッ...


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる